院長のご挨拶

院長

「済生の心」をモットーに

 明治44年、明治天皇は「恵まれない人々のために施薬救療し、済生の道を弘めるように」との勅語に添えて、お手元金150万円を下賜され、恩賜財団済生会が創立されました。以来100年間、恵まれない人々の手助けをするという「済生の心」をモットーに、医療・保健・福祉事業を展開、現在全国で約360施設(うち病院80)を数え、済生会福島総合病院もこのうちの1つであります。当院はしばらく桜木町にあり、福島競馬場脇の病院として親しまれてまいりましたが、老朽化、狭隘化がすすんだため、平成18年現在地大森に新築移転いたしました。明成高校、日赤血液センターに隣接し、西に城山公園、吾妻山を臨み、周囲を牧草地、田畑に囲まれ、療養環境としては大変恵まれております。また、耐震性に優れた新築の病院のため、3.11大地震でも無傷でした。病床数は216床(うち個室60)で個室はもとより、4人部屋にもトイレが設置されており、大変快適です。診療科は内科(消化器、循環器、呼吸器、糖尿病・内分泌、血液)、外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科に常勤医がおり、この他に非常勤医が形成外科、ストレス科(精神神経科)の診療を行っております。福島県立医大と距離的にも近いため緊密な連携をとりながら診療・治療にあたっております。経済的事情により通院・入院治療が困難な患者さんに対しては無料・低額診療制度を導入しておりますので、ちょっとしたことでも遠慮なく御相談下さい。安心・安全で適正・的確な医療を提供するよう、全職員一丸となって取り組んでおります。

病院長 井上 仁

基本理念

私たちは済生の理念のもとに正しい知識と正確な技術で生涯を通じて包括的医療(医療と保険と福祉)の提供を目指します。

済生とは、「生命を救うこと」です。すこやかな命を願い、愛と希望をモットーに、
済生会は地域の方々のために活動しています。

済生会福島総合病院の歩み

  • 昭和4年12月25日

    県庁舎内に福島診療所開設

  • 昭和15年3月1日

    診療所を福島市清明町に移転

  • 昭和16年5月30日

    専任医師応召のため休止

  • 昭和22年2月15日

    福島市宮町に移転。診療所再開

  • 昭和27年2月5日

    病院に昇格。産婦人科新設。病床数20床

  • 昭和28年9月1日

    外科新設。病床数50床

  • 昭和30年3月1日

    小児科新設。病床数70床

  • 昭和41年8月21日

    福島市桜木町に新築移転。整形外科新設。病床数170床

  • 昭和48年3月9日

    救急病院告示

  • 昭和48年10月1日

    病床数192床

  • 昭和55年11月18日

    1階 眼科外来、理学療法室 2階 看護婦休憩室、会議室、医局増築

  • 昭和56年2月2日

    眼科、耳鼻咽喉科新設

  • 昭和56年3月23日

    総合病院の名称使用承認

  • 昭和59年4月12日

    1階 産婦人科外来、CT室 2階 外科病棟 3階 混合病棟増築。病床数240床

  • 昭和60年7月10日

    1階 医事管理課増築

  • 昭和62年1月25日

    1階 脳波室、心電図室、エコー室、看護婦更衣室増築

  • 昭和62年4月1日

    泌尿器科新設

  • 昭和62年4月22日

    人工透析開始

  • 昭和63年4月14日

    病院隣接の国有財産(前福島税務署の土地)を取得

  • 昭和63年9月12日

    上記建物を改修拡張し診療開始。1階 外来診療棟 2階 整形外科病棟

  • 平成10年7月1日

    訪問看護ステーション開設

  • 平成18年5月1日

    福島市大森に新築移転。病床数216床

  • 平成23年6月30日

    小児科廃止

  • 平成23年8月1日

    外来化学療法室移設

  • 平成24年4月1日

    麻酔科新設

  • 平成25年12月1日

    電子カルテ導入

ページトップ