入院のご案内

入院の手続きについて 

入院が決まりましたら、各科外来看護師より入院手続きの説明があります。入院の際、必要な書類をお渡しします。

入院時必要なもの 

診察券、健康保険証、各種医療受給者証、限度額適用認定証、印鑑、入院誓約書、説明同意書、個室利用申込書、レンタル申込書、入院のご案内のしおり
※70歳未満の方は、「限度額適用認定証」を掲示していただきますと、入院時お支払いの負担が軽減される制度があります。入院が決まりましたら、退院前までに各健康保険加入先へ申請し、入院受付窓口へ提示して下さい。

入院時持参するお薬について 

当院では、より安全な医療を提供するため、患者さんのご使用になっているお薬の内容を確認させていただいています。当院または他の病院で処方された薬を服用している方は、服用薬とお薬手帳を持参してください。ご入院時には、普段服用されているお薬をお持ち下さい。
(お薬は袋ごと持参いただいて構いません。正確に調べるためにお薬手帳や薬の説明書も合わせてご持参ください)

例)
処方薬、市販薬、注射薬(インスリンなど)、点眼薬、貼り薬、ぬり薬、健康食品、サプリメントなど

 お薬を持参頂く目的についての詳細

入院時の身の回り品について

当院では、院内感染の防止及び衛生管理を徹底するため入院に係る身の回り品を専門の業者に委託しております。
原則、アメニティセット(下記記載内容)をご利用頂くことになりますのでご了承願います。
その他の日常生活品として、下着・ガウン類・靴下等はご準備願います。
この他、医師や看護師から指示のあったものもご持参願います。

入院時の持ち物

【アメニティセットの内容】
箸・コップ・吸い飲み・食事用エプロン・歯ブラシ・歯磨き粉・スリッパ
病衣・タオル類・おしぼり・ティッシュ・口腔ケアキット・オムツ類・オムツパッド・おしり洗浄剤等
ボディソープ・リンスインシャンプー(共同利用)

※アメニティセットをご利用ならない場合は、身の回り品につきましては、ご準備をお願いします。
※危険物の持込は禁止します。
※お荷物は最小限にまとめてください。
※手術を受けられる方はその他の必要品がありますので、スタッフまでおたずねください。

個室料金のご案内 H26.4.1~

希望により個室をご利用される場合は、以下の室料差額をお支払いいただきます。
なお、個室料金は健康保険適応外となります。また、利用される場合は午前0時を起点とし計算をいたします。ホテル等の宿泊の概念とは違いますのでご了承下さい。(1泊2日の場合は、2日分の計算となります。)

部屋タイプ 料 金(税込み) 設  備
特別個室 16,200円 お風呂、シャワー、トイレ、ミニキッチン、冷蔵庫、電話、テレビ、応接セット、クローゼット   
一般個室A 7,560円 トイレ、冷蔵庫、電話、テレビ、簡易応接セット、簡易クローゼット
一般個室B 5,400円 トイレ、冷蔵庫、電話、テレビ、簡易応接セット、簡易クローゼット

入院中に注意していただきたいこと

入院中に注意していただきたいこと当院の敷地内は駐車場を含む全て禁煙となっております。
入院中は医師、看護師の指示に従っていただきます。
外出、外泊などは主治医の許可が必要です。
携帯電話のご使用は医療機器に影響を及ぼすことがありますので、指定された区域でご使用をお願いします。
貴重品の持ち込みはできるだけご遠慮下さい。また、金庫を使用される場合はご自身で管理されるようお願いします。
院内での暴言、暴力、セクシャルハラスメントは絶対にしないで下さい。
ご本人確認のためにリストバンドの装着をお願いします。
消灯は21:00となっております。療養上のためお守り下さい。
入院中、他の診療科を受診したい場合、または、他の医療機関より引き続き投薬をして頂きたい場合は必ず主治医、看護師に申し出て下さい。
電源を使用する場合は、必ず病棟へ申し出をしご使用して下さい。ただし、熱量の発する器具の使用はできません。

これ以外に「入院のご案内のしおり」をよくお読み下さい。お守りいただけない場合は、退院していただく場合があります

面会・付添について

面会時間は、10:00~20:30 となっております。

出入口・病室案内について

平日日中(平日7時~19時/第2,4,5土曜日7時~15時)
 病院への出入りには、「東西玄関」をご利用ください。
夜間・休日(平日19時以降/第2,4,5土曜日15時以降/休日終日)
  病院への出入りには、守衛室脇「夜間・休日出入口」をご利用ください。

※面会の方は、総合案内(夜間・休日は守衛室)で病室をご確認のうえ、病棟へお上がりください。
※患者さんの状況により、面会をお断りする場合もありますのでご了承ください。
※電話での患者さん入院の有無についての問い合わせは、個人情報保護のためお答えする事はできませんのでご了承下さい。

付添について

患者さんの病状、治療の内容により医師の許可を得て付添いを許可することがあります。

入院費の支払いについて

入院費は、退院時または月末締めで計算いたします。退院の際は必ず退院日にお支払い下さい。月末締めの場合は翌月10日頃に請求書をお手元までにお届けいたします。お届け後は速やかにお支払い下さい。
退院当日は会計の準備ができましたら病室まで請求書をお届けいたしますのでお待ち下さい。
領収書は確定申告、高額療養費等の申請に必要となりますので大切に保管して下さい。

なお、領収書の再発行はいたしませんのでご注意下さい。

入院診療明細書の発行にについて

当院では、領収書発行時に個別の診療報酬の算定項目のわかる「入院診療明細書」を無料で発行しております。明細書の発行を希望されない場合は、「明細書発行不要の申出書」を入院時もしくは退院概算お知らせ時に病棟ナースステーションか入院担当者へ提出して下さい。

入院中の費用について

当院の入院費用の計算方式はDPC/PDPS(診断群別に基づく1日ごとの支払い方式)を採用しております。DPC/PDPSとはDiagnosis Procedure Combination(診断群分類)/Par-Diem Payment System(1日当たりの定額支払制度)の略で、診断群分類に基づく1日当たり定額報酬算定を意味します。
診断群別とは、疾患別に分類された病状・症状を1日ごとに定額点数が決められた包括部分と出来高算定部分を加算して、請求する方式です。

ページトップ