平成27年度 済生会福島総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 14 45 100 108 220 410 904 1053 971 257
~定義~
・平成27年度に当院を退院された患者さんを10歳刻みで年齢階級別に集計しています。
・年齢は入院時の年齢です。
・90歳以上を1つの階級として集計しています。
◇高齢化の影響もあり60歳以上の患者さんが多く、全体の78%を示しています。
70歳代以上の高齢者になりますと、肺炎、心臓疾患、大腿骨骨折等が多く占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 194 15.70 14.34 6.70 76.57
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 140 13.47 15.35 0.71 63.61
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 135 3.47 3.07 0.00 66.41
◇高齢者の疾患に多い呼吸器疾患、心疾患については、専門の医師が診療を行っています。
◇糖尿病疾患については、地域の医療機関と連携を行い血糖コントロールや教育入院にも力を入れています。
◇心疾患に関しては、狭心症、心筋梗塞、虚血性心疾患に対する治療を随時24時間態勢で行っています。
◇大腸ポリープ切除等は、二次検診後の治療が必要な患者さんも多く、近年は年間約150件を実施しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 86 5.03 5.51 0.00 69.42
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 85 4.49 4.53 0.00 66.49
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 76 4.00 4.51 0.00 73.62
◇当院外科では大腸癌患者さんの治療を多く手掛けています。特に最近進歩が著しい抗癌剤治療を、当院では2週間毎に3泊4日の入院下に行っています。入院患者数上位3位は、これらの延べ人数を集計していることが反映されています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 57 39.53 28.70 50.88 86.49
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 33 6.18 11.98 0.00 35.91
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 28 25.61 21.52 3.57 80.61
◇高齢者の患者さんが多く、疾患全体の平均年齢は65.6歳となっています。その中でも、大腿骨骨折、胸腰椎の損傷の方が約3割を占めています。また、スポーツ障害等による疾患(半月板損傷、前十字靱帯損傷)については、地域の他医療機関と協力し治療を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 18 17.11 10.18 0.00 45.22
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - - 10.43 - -
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし - - 5.33 - -
◇悪性腫瘍を含めて婦人科疾患を幅広く取り扱っています。
 分娩取り扱いは休止としました。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 41 4.90 5.53 0.00 39.90
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 38 6.58 5.31 0.00 64.16
030428xxxxxxxx 突発性難聴 19 8.79 9.60 0.00 58.00
◇扁桃腺疾患が41件と多くなっています。また幅広い年齢層に対応し、めまいや突発性難聴や顔面神経麻痺の患者さんの診察も多く行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 11 2.00 3.54 0.00 77.09
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.43 - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.20 - -
◇屈折異常、眼球運動障害、白内障、緑内障、眼底の病気、その他の眼科疾患の診察を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 19 13.58 8.02 0.00 76.42
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 16 14.31 10.25 0.00 75.19
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 14 13.86 12.60 0.00 74.79
◇膀胱腫瘍疾患をはじめ、腎臓または尿路感染症も診療を行っています。また、血液透析の患者さんも多く治療を行っています。一次検診後の前立腺生検検査も年間約80件実施し、継続的な治療が必要な場合にも対応しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 10 28 46 25 10 1 6,7
大腸癌 19 30 63 221 51 128 1 6,7
乳癌 - 10 - - - - 1 7
肺癌 - - 31 139 - 24 1 6,7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
~定義~
・5大癌の初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計をしています。
・集計されている患者数は、期間内の退院延べ人数となっています。
・10症例未満の場合は、-(ハイフン)表記となっています。
・「Stage0」は、集計対象外となっています。

◇大腸癌のStageⅣ(肺転移・肝転移・腹膜転移等)及び再発数が突出して多いのは、これらに対する抗癌剤治療を当院では入院で行っているためです。
◇肺癌についても、進行癌を入院治療しているためStageⅣが多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 36 10.94 56.64
重症度 1 41 13.80 77.07
重症度 2 47 15.89 81.57
重症度 3 27 22.81 83.81
重症度 4 15 19.33 86.20
重症度 5 - - -
不明 - - -
~定義~
・市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎です。
・平成27年度に集計した15歳以上の退院患者さんです。

◇成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計を行っています。
 当院では、肺炎治療は最も多い疾患となっています。高齢者が多いので誤嚥性肺炎も多くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
~定義~
・最も医療資源を投入した傷病名のICD-10コードが上記に該当した患者さんを集計しています。
・10症例未満の場合は、-(ハイフン)表記となっています。

◇脳梗塞疾患の患者さんは、3日以内の発症は7人、平均年齢は77.1歳、平均在院日数は22.8日でした。
 その他(3日以降発症)は1人、年齢は74歳、在院日数は83日でした。
◇当院は、緊急性のある患者さんには迅速に対応できるよう万全の態勢で行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 155 0.26 2.28 0.00 66.50
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 106 3.20 6.48 1.89 69.58
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 20 0.25 2.05 0.00 66.00
◇大腸ポリープに対して内視鏡的ポリープ・粘膜切除術の入院治療を多く行っています。
◇虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈ステント留置術を数多く行っています。最新のマルチスライスCTや血管造影装置を用いて最先端の治療を提供しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 67 0.96 2.04 0.00 65.18
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 32 6.50 18.44 3.13 68.81
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 1.09 7.83 0.00 58.48
◇当院外科では、
①鼡径ヘルニア手術を原則3泊4日の入院、硬膜外麻酔下に行っております。
②大腸癌の手術が多いのは当院外科の特徴です。早期癌に対しては腹腔鏡下手術、進行癌に対しては開腹手術を原則としています。
③胆石症に対しては、腹腔鏡下手術を多く行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 45 2.27 34.18 48.89 86.64
K068-2 関節鏡下半月板切除術 17 1.00 3.06 0.00 41.53
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 9.79 41.71 57.14 84.36
◇大腿骨骨折は高齢者が多く、骨折観血的手術や人工骨頭挿入の取り扱いが多くなっています。
関節鏡下による半月板手術は、若年層に多く行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 16 1.63 15.50 0.00 47.06
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
◇CO2レーザーによる子宮頸部円錐切除を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
◇扁桃摘出術や副鼻腔の手術を行っています。また、中耳炎等に関する鼓膜チューブ挿入術も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 73 0.01 2.05 0.00 72.67
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
◇白内障に対する水晶体再建術を多く行っています。また、まぶたの筋肉や神経の異常による眼瞼疾患の手術も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 21 1.29 11.33 0.00 74.48
K610-3 内シャント設置術 19 7.95 20.63 26.32 70.16
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 17 1.35 11.94 0.00 75.65
◇膀胱内にある腫瘍を内視鏡下で切除する経尿道的手術を行っています。また、前立腺肥大の手術も内視鏡下で行っています。その他、血液透析の方にはシャント造設術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
~定義~
・最も医療資源を投入した傷病名が上記疾患に該当した患者さんを集計しています。
・10症例未満の場合は、-(ハイフン)表記となっています。

◇播種性血管内凝固症候群は6人、発生率は0.05~0.1.%でした。
◇手術、処置等の合併症は8人、CVカテーテル挿入による感染で、発生率は0.21%でした。

◇当院では、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないよう細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明を行った上で、同意をいただくよう努めてまいます。
更新履歴
2016/09/30
2017/02/06
臨床指標ページを公開
患者用パス公開

ページトップ