禁煙外来

喫煙を今すぐやめたい方、やめたいけれどやめられない方
「禁煙外来」へご相談ください。

平成18年4月より禁煙治療が保険適用されることになりました。ニコチン依存症という病気として必要な治療を受けることにより、健康への増進にもつながることとなります。これらは治療条件を満たす方が対象となります。条件に満たない場合は、自費診療となります。

対象となる患者さん条件

1. 直ちに禁煙をしようと考えていること
2. ニコチン依存症スクリーニングテスト(TDS)が5点以上であること
3. ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
4. 禁煙治療を受けることを文章により同意していること

禁煙治療をすると良いことは?

病気のリスクがさがります。(喫煙は様々な病気の原因となっています)
自分が気持ちよくなります。(咳や痰が止まります)
まわりの人も喜びます。(人の煙で病気にもなります)

禁煙外来 毎週木曜日14:30〜
※禁煙外来は予約制となっております。
※ご予約は、内科外来までお越しいただくか、お電話にて平日15:30以降にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

内科外来  TEL024-544-5171(内線:155)

どんな治療をするの?

【治療スケジュール】

治療行程 治療内容
治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件の確認
初回診療 (1)診察
(2)呼気一酸化酸素濃度の測定
(3)禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
(4)禁煙補助薬の処方
再診1(2週間後)
再診2(4週間後)
再診3(8週間後)
再診4(12週間後)

費用はいくらかかるの?

患者様の保険負担割合によります。

禁煙の薬ってどんな薬?

禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれる補助薬があります。補助薬にはニコチンパッチとバレニクリンが使用できます。ニコチンパッチを使用すると成功率が約1.7倍、バレニクリンの使用の場合は約2.3倍に高まります。どちらも保険治療薬として認められています。

もし、禁煙に失敗したら?

禁煙開始日から1年経過しないと、再度禁煙治療を受けることはできません(禁煙治療が継続されない場合、自費診療に切り替わります) 。当院スタッフが協力をいたしますので、約3ヶ月間治療を継続しましょう。

ページトップ